支払督促ガイド※困ったときの無料相談窓口

支払督促ガイド※困ったときの無料相談窓口

  •  
  •  
  •  

支払督促ガイド※困ったときの無料相談窓口

借金が原因で支払督促が届いた!どうすれば?

そんなとき最善の対処法は、「借金を全額返すこと」。
もしいまお金が手元に無く返せない場合は、
債務整理で借金を整理すれば、差し押さえを止められるケースがあります。

 

このシミュレーターで債務整理診断をしてみましょう。診断無料です。
どんな債務整理をすればいいか、過払い金がどのくらいあるのかを匿名で診断できるのでおすすめです。

⇒匿名で無料診断してみる

※税金滞納が原因の支払督促は債務整理で解決できません。

 

支払督促

普通の督促状を無視し続けていると特別送達の郵便物が届くかも

 

借金の返済を行わないでいるといろいろな郵便物が送られてきます。当然、多いのは督促状ということになります。貸金業者によって督促状にもいろいろな種類があり、たとえば、最初は白や茶色など一般的な色を使った府封筒やはがきで送ってきますが、そういった督促状を送られても返済しないでいると、赤っぽいはがきや封筒にすぐに開封してほしいといった言葉が書かれているものが送られてきます。つまり、目立たせて債務者にすぐにでも開封させるようにしているわけです。
では、こういった督促状に一切応じないでいるとどんな郵便物が送られてくるのかというと、特別送達という名前がついた郵便物が送られてくる場合があります。特別送達を送ることが出来るのは裁判所のみなので、もし送られてきたら債権者がなんらかの申し立てを裁判所に対して行ったということになります。
借金を返済しないケースでの特別送達の内容は二つのものが考えられます。まず、支払督促です。これは一般的な督促状と違い、金融業者が裁判所を通じて送ってきたもので、もしこれを無視してしまうと自動的に裁判になってしまいます。もう一つは、裁判の呼び出し状です。これには、原告の主張と、裁判を行う場所、日付などが書かれています。また、裁判所に送る書類も入っていて、裁判に出席出来なくても、書類に自分の言い分を書いて送れば、裁判でそれを主張したと見なされます。
支払督促も呼び出し状も、完全に無視してしまうと債務者にとってはいいことは一つもないので、必ず裁判所に返事を出すようにしましょう。

 

 

支払督促とは

 

 

支払督促とは、通常の裁判よりも簡単で迅速な手続きにより、返済が滞っている借金などの支払いを、借りた相手である債務者に対して促すための、法律上の制度のことをいいます。換言すれば、債権者が債務者に充てて行うはずの借金の督促を、裁判所によって行ってもらうための手続きであるとすることもできるでしょう。
この支払督促の制度が簡単・迅速である理由として、債権者からの申立てを受けた裁判所では、多くの証拠が必要となる裁判とは異なり、書類審査だけで手続きを進めてくれるという点が挙げられます。
支払督促を受け取った相手方の債務者が、内容についての異議があるときは、裁判所に対してその旨を申し立てることができます。もし、2週間以内に債務者からこの異議の申立てがない場合には、裁判所は債権者からの申立てにもとづき、支払督促に仮執行宣言を付することになりますので、債権者としては強制執行として法律にもとづく強制的な借金の取立てがしやすくなります。
ただし、支払督促に対して異議が出された場合については話が別であり、ただちに通常の裁判に移行することになります。裁判になれば、証拠を集めるために多額の費用がかかるほか、判決に至るまでの時間も長くなることは確かです。
仮に、銀行や消費者金融業者などが借金をした債務者に返済を促す場合には、この手段を用いることにより、裁判に移行するデメリットというものもあるため、よほど滞納が続いたときに限られるものとみられます。

 

 

支払督促に異議を申し立てないと差し押さえの可能性も

 

 

消費者金融や銀行などからお金を借りたのち、その返済が滞ってしまったというような場合には時として「差し押さえ」が発生することがあります。
差し押さえとはそれまで返済の督促などが行われていたにも関わらず、債務者が返済の意思を見せなかったというような場合、債権者が利益を守るために行うこととなっています。
この差し押さえは「強制執行」などと呼ばれることもありますが、一般的には給与や不動産などが対象となります。
こうしたものの権利が債権者に奪われてしまうと、原因が債務者に会ったとしても大きな損失となることが多いのですが、それでは差し押さえを受けそうになっているというようなときには、誰に相談をすればよいのでしょうか。
これはまず何よりも最初に相談したい相手となるのが「弁護士」です。
現在では弁護士事務所などが盛んに債務問題の相談窓口を設置するようになっていますから、そうした窓口に相談を持ちかければ的確なアドバイスをしてもらうことができます。
金額によっては司法書士などを利用することもできますが、債務問題に関しては弁護士に相談するのが基本です。
また、そうした弁護士事務所を知らないというような場合には法務省が所轄する「法テラス」に相談することも有効な手段となります。
法テラスでは弁護士会や司法書士会などの紹介業務も行っていますから、法テラスに情報を伝えれば適切な相談先を紹介してもらうことができるようになります。
差し押さえを受けるようになってしまうと問題がさらに大きく、ややこしくなってしまうこととなりますから、通知などが来た場合にはなるべく早い段階で対処をするように心がけましょう。

 

 

無料相談のこと

 

借金を作ってしまうと、利子の高さからなかなか返済が捗らないというケースが多いです。返済をしてもしても利子ばかりにお金を取られてしまって、肝心の元本がなかなか減らないという悩みも少なくありません。
しかし、実はそんな返済に困った借金を減額する方法が存在します。その方法とは、債務整理の一つである、任意整理というものです。この任意整理は、債権者と弁護士や司法書士などの専門家が相談をしてくれて、借金の額を減らしてくれるという夢のようなものです。大抵の場合、借金における利子は利息制限法によって計算し直すと低くなります。その結果、借金の返済額を減らす事が可能になるのです。
任意整理の場合には、費用もそこまでかかりません。安いところなら、2万円・3万円程度でできる事でしょう。このくらいの費用ならば、恐らく減額できる金額などの方が大きい場合が多いです。

 

支払督促無料相談はこちら

 

なんにしても、一番最初は、無料相談をして自分の借金がどのくらいまで減らせる可能性があるのかなどの話を聞いてみましょう。そしてメリットが大きいと思うのなら、是非やってみてください。そうすれば今より借金の返済が楽になるという事は、間違いないと考えられます。参考になれば幸いです。
特に多重債務などに陥ってしまった際には、なかなか返済をするのが難しくなってきます。基本的に月給の3倍の借金が出来てしまうと、自力で完済をするのは不可能に近いと言われています。借金で首が回らなくなるなんていうと、数千万円ですとか、500万円ですとか、割と高額な借金をイメージする方も多いと考えられますが、実際にはそこまで高額ではなくても借金の返済は不可能になります。
そうなってしまった際に、どうように借金地獄から抜け出したら良いのかわからないという声も多いです。そんな方には、債務整理を行う事を強くおすすめします。債務整理を行う事で、例えば借金の減額ができたり、利子を払いすぎてしまった過払い金というものが戻ってきたり、最終手段を使えば借金自体をずべてゼロにする事も可能です。この債務整理を利用しないと、借金を返すという事は非常に困難ですから、是非利用してみるようにしましょう。
ただしこの債務整理には費用もかかります。ですから、まずは無料相談をしてみましょう。そうする事で、自分の今ある借金をどのくらい減らす事ができるのか、またはどのような方法で債務整理をしたら一番良いのかなどの方向性が見えてくる事でしょう。

 


⇒匿名で無料診断してみる

リンクX1_top1
   
ライブチャットをするときに必要なもの 17世紀の英国